お待たせしました すずらん組ブログ、第3弾です

心にも余裕が生まれ始めた1学期後半。

担任の後を追うばかりでなく、少しずつ離れて好きな遊びを見つけたり、楽しもうとしたりする姿も見られるようになってきました。

嬉しい成長です

 

そんな子どもたち、いったいどんな遊びをしていたのかというと・・・

 

相変わらず人気なのは、大型滑り台

黄緑帽子、よく映えますね~

入園当初聞こえていた「こわーい」と言う声が、今では歓声に変わりました

大型滑り台に限らず、固定遊具は楽しそうな友達の姿につられて挑戦してみることが多いようです

鉄棒でぶらーん 逆上がりができるのは、もう少し先かな

探検隊登場! 何を見つけにいくのかな?

 

楽しいのは、固定遊具だけではありません!

砂場では頭を寄せ合い、とろとろプリンづくり

友達を誘って、なかよしハウスでおままごと

 

室内ではどんなことをしているのでしょう?

前回のブログにも登場したすずくんにまつわる、こんなエピソードが

ある日、すずくんを抱えて廊下を急ぐ男の子がいたのでついていくと、向かった先はトイレ!

「すずくんがトイレに行きたいって言ってたから」とのこと

手洗いも忘れずに!

すずらん組の一員として、お世話を続けています

 

他にもお医者さんごっこや

新聞紙プール

雨の日には傘をさしてお散歩

部屋にサーキットを作ってみんなで楽しんだ日もありました

初めてはさみ・のりを使って作ったアイス 冷たくておいしかったね

絵の具であじさいやTシャツも作りました

 

そして6月、やってきた強敵・・・着替え

初回は、お弁当の時同様、きく組さんに「助けて~」とお願いしました。

とっても頼れる年長さんたちは、毎朝、「お着替えする人いませんか?」と聞きに来ては、手伝ってくれるんですよ

おかげで、今では頑張って自分の力で進められるようになってきました

それでも難しい時は・・・

あらっ

こっそり頼んだのか、見かねた友達が手伝ってくれたのか・・・

どちらにせよ、「優しいこころ」が育ってくれていることに嬉しさを感じる担任なのでした

あつ~い夏休み、体調を崩すことのないよう、気を付けてお過ごしください

また幼稚園で待っています