年少 すずらん組①

入園して早2週間。登園のたびに涙していた子がいきいきと遊び始めたり、逆に今まで頑張っていた緊張の糸が解け、涙する子がいたり…

家の人との別れに一生懸命向き合っていますので、保護者の皆様、今後もどうぞ励ましながら送り出してあげてくださいね

それではさっそく、4月のすずらん組の様子をお伝えします

         

「先生、おはようございます!」

上履きに履き替えたら、朝の支度。

どのシールにしようかな~?

多くの工程を全て自分の力でこなすことは大変なので、「手提げ鞄の中は見た?」「次はシールを貼ろうね」と声掛けをしたり、時には手を添えながら進めています

 

支度が終わったら、わくわくタイム

すずらん組では特に粘土が大人気で、クラスの半分くらいの人数が遊んでいることも

パンや、へびを作って楽しんでいます!

 

ちょうちょひらひら~

手作りのちょうちょを持ってお散歩。

本物の花も見つけたので、蜜を吸わせてあげました

 

こちらはバスごっこ

「バスに乗ってゆられてる~、ゴーゴー!」と元気よく運転

行き先は、動物園だったり、公園だったり、水族館だったり…どこにでも行ける魔法のバスなのです

 

外でもおままごと!

玩具の貸し借りのやり取りはまだまだ難しく、担任が間に入って伝え方を知らせています

 

頭を寄せ合って…何してるの?

じゃーん!

ダンゴムシ!と、ワラジムシ!

(見分けがつかないので、ワラジムシのことを「丸まらないダンゴムシ」だと思っています

 

クラス活動も楽しいことがたくさん!

元気に体操

読み聞かせ

 

初めてのお弁当の日は、年長のきく組さんが助けに来てくれました

とってもおいしかったね

 

このような感じで、毎日を過ごしています

子どもたちの楽しそうな声に誘われて、てんとう虫さんも遊びに来たみたい

一年間、このブログを通してすずらん組の様子をお伝えしていきますので、時々覗いてみて下さいね

コメントを残す