きく組(年長組)

第64回卒園生のみなさん

ごそつえんおめでとうございます

(ブログ遅くなってしまってごめんなさい💦)

3月16日、78名全員そろって星美から羽ばたいていきました

今年は2月後半から、新型コロナウィルスの影響が出て何度も職員で話し合いを重ねてきました。卒園式はやってもいいのか…無観客か…3クラス別々か…など、たくさんの議論を交わしてきましたなので、こうして無事に卒園式を迎えることができたこと、全員揃っての参加となって送り出すことができたことに、とてもホッとしています

保護者の方1名の参加になってしまったのは、本当に申し訳ありませんでした。卒園式は人生に一度きりですし、私達もご家族皆様に見て頂きたい気持ちがとても大きかったのですが、コロナには負けてしまいましたお子様・ご家族・職員、みんなの健康を第一に考え、泣く泣くの決断です…すみません

なので、今回のブログは写真多めでお送りしたいと思います参列できなかった方も雰囲気を感じてご覧下さいね

【登園】

「おはようございまーす!」といつもと変わらない元気な子ども達。担任達は「この声を聞けるのも最後かぁ」としみじみ感じていました…

まずはお部屋に入って胸花を付けてもらいます「みんなが主役の印だよ」と伝えテンションもアップ⤴

その一方…気になるのはいつもと違う担任の格好担任達も華々しくお祝いしようと気合いを入れてきました(笑)でも子ども達は見慣れない袴姿に「何で浴衣着てるの?」「ひな祭りみたいだねぇ」と不思議そうに見る子がたっくさんいました!(笑)

【入場】

開式5分前遊戯室入口に到着‼さすがに子ども達もちょっと緊張してきたみたいです「緊張してる人ー?」の問い掛けに1番に手を挙げたのはK先生(笑)

この日を迎えるまで、舞台練習は2月に2回。3月に2回。「こんなに大きく格好良く成長したよってところをおうちの人に見てもらおう!」と初めての活動時に伝えていました‼今日もその言葉と「もし間違っても大丈夫!だって練習4回しかしてないんだもん。自信を持っていこう✊」と声を掛けて心の準備を整えていました。

いざ、出発!

全員が舞台に並びました。

【お祈り】

みんなで揃ってお祈りするのも今日が最後星美幼稚園でたくさんの人達に出会え、たくさんの人達に支えてもらい、今日まで大きく成長できたことに感謝をしてお祈りしました

【修了証書授与】

卒園生一人ひとり名前を呼ばれて「はい!」と元気に返事をして立っていきます

そして、順番に舞台から降りて園長先生から証書を受け取りますこれも降りてくる順番、受け取り方を覚えました‼『お辞儀→「ありがとうございます」と言って受け取る→園長先生の目を見る!』がお約束

受け取ったら、腕を伸ばし、肩の高さで持って所定の場所まで運びます「お客さんの前を堂々と見せびらかして歩きましょう」と伝えていました

証書をもらうまでに、舞台から降りて、第1待ち場所・第2待ち場所・第3待ち場所があるんです少ない練習で、子どもたちは、よく覚えてくれました

【記念品贈呈】

卒園記念品を代表のお友達が受け取ります。練習の時に「なんと2つも園長先生からプレゼントをもらえるんだよ!」と教えると「ええっ!💕」と目がキラキラ何をもらえるのか楽しみにしていました

【園長お祝いの言葉】

園長先生に「集団感染回避のため、なるべく短めにまとめて下さいね!3~5分くらいで!」と依頼でも園長先生・・・、伝えたい思いが強かったのか、10分喋ってますよ~!!チンチンチン

【父母の会会長お祝いの言葉】

会長さんから、子ども達へ…職員へ…保護者の方へ…温かいお言葉をいただきました

【記念品贈呈】

今年は卒園記念に、お遊戯室の緞帳をいただきました以前は電動だったうえ、年季が入っていたのでよく不具合を起こしていました。そしてもう限界だったのでしょう…そのピークが昨年のクリスマス会真っ只中に大変でした💦今年の夏に新しくなった緞帳は手動なので、そんな心配もありません!!皆様ありがとうございます!大切に使わせていただきます

【卒園生の言葉】

「言葉は3月になってからやろう!」と計画していたのですが・・・休園感動的な言葉をお届しようと企んでいたのに~~(笑)

「3月に遊べるのはたった2日。練習も必要だけど、遊ばせてあげたいよねぇ」と担任達の思いがあったので、子どもの負担にならないように、言葉は短めで数人の代表のお友達に言葉を言ってもらいました言葉と誰の後に言うのか…など、ほとんど1日で覚えた最強メンバー

そして、さくら組→きく組→ゆり組、クラスごとに声を揃えての言葉この言葉もすぐに覚えてくれました。クラスで行う最後の協同活動ですね

3日で覚えられるかな…と、と~っても心配でしたが、すごく上手でしたねさすが、

「立派な一年生になります!」の宣言通り

今年は先生達からも贈る言葉を…。「星美で過ごしてきた大切な毎日をずっと忘れないで下さいね」

最後に、大好きなお友達とみんなで『だいすきだよ。』を歌いました。

♪だいすきだよ~

どこにいても~♪

♪おとなになっても~

だいすきだよ~♪

こころをこめて~♪

♪つたえたいよ~

ありがとう~♪

♪パパとママ いつもありがとう  こんなにも大きくなったよ  心をこめて伝えたいよ  ありがとう

子ども達はこの歌が大好きでした頭に残りやすいリズムなのか、覚えるのも早かったですでもピアノ伴奏は“ややムズ”で…担任達とピアノ担当Fは苦戦しました…(笑)

そして、みんなで起立。

これで第64回卒園式を終わります。一同 礼。

【退場】

クラスごとに降りて、園長先生とタッチをして花のアーチをくぐります本当ならば園長先生と握手をする予定でしたが、接触はやめようということで笑顔を交わし合うだけのはずが・・・タッチしてますねぇ?!

職員全員揃ってお見送り✋

そうそう、皆さんお気付きでしたか?一番後ろにスペシャルゲストが参列していたことを…。子ども達のお祝いに雪街から駆けつけてくれた『ゆっきー・まるお・こゆき』です年少の展覧会以来で懐かしいですねぇ子ども達はちゃんと気付いていたようですよ

 

卒園式が終わったらクラス活動

調布星美幼稚園で、たくさんの経験をして、心に種を蒔かせていただいたつもりですこれからの人生で、その種が開花して素敵な花が咲いてくれますように…

 

星美幼稚園で、可愛い子ども達と保護者の皆様に出会え、共に歩めた日々に感謝致します。これからもご家族皆様に、神様からたくさんの祝福があり実り豊かな人生となりますように、お祈りしています

いってらっしゃいそして、頑張れ1年生~🎵みんなで応援しているよ~