行事

2月2日(土)は展覧会が行われました

この日の為に、テーマに沿って一生懸命作品作りに取り組んできた子ども達

その作品だけではなく、4月からのクレヨン・折り紙・絵の具などの様々な制作も展示されました。

(年中・長組はお気に入りの2点を自分で選び、年少組はその子の個性が輝いている作品2点を担任が選びました。)

ほんの一部ですが、子どもたちの作品と展覧会の様子をお伝えしていきます

 

年少組共同制作「ジュラシック ファミリー」

ある日、一緒に生活をしている各クラスの恐竜たちが悲しい表情を

よく聞いてみると、「家族がいなくて寂しい・・」と言っていたのです

それを聞いた子どもたちは恐竜たちのために、1人1つ家族となる

恐竜作ってあげることなりました。

どんな色にしようかな、模様をつけようかなと、うきうき・わくわくしながら

子どもたちは恐竜作りに夢中になっていましたよ

~年少組絵画~

年中共同制作「ぜんぶレストラン」

普段の遊びで、料理作りを楽しんでいる年中組。

今回は様々な素材を使って、料理を作りました

メニューは、自分が食べたい物や、自分にとって大切な人に食べてもらいたい物。

他のレストランとは一味違い、特別メニューがたくさん用意されていました

料理だけではなく、素敵なコックやウエイトレス、常連客の人形も、

なんと子どもたちの手作り。それぞれ顔が違うのがまた可愛らしいですね

~年中絵画~

年長共同制作「1年間の思い出」

卒園まで残りわずかとなった年長組。この1年間を振り返り、

一番心に残っていることを紙粘土で表現しました

年長組らしい躍動感溢れる人形が完成

同じ場面を作った仲間が集まり、みんなで話し合いながら

小道具や背景作りを進めてきました

子どもたちの作品や、写真展示を見ながら、

「こんなことあったね~。」「なつかしい」と楽しそうな会話が

たくさん聞こえてきました

~年長絵画~

ボランティアサークル~古本市~

各ご家庭で不要になった絵本や雑誌、パズルなどのゲームを販売する

古本市も催されました

しおりやフェルト絵本作りコーナーもあり、子どもたちも楽しく参加していました

 

いかがだったでしょうか

子どもたちだからこそできる、自由な発想や、個々の個性溢れる作品ばかりでしたね。

また、どの子も嬉しそうにご家族の方を案内し、作品の説明を

自分なりの言葉で伝えていたのがとても印象的でした。

ご家族の方も熱心に耳を傾け、温かい雰囲気の中で展覧会が行われたと思います

子どもたちにとってご家族の方に作品を見てもらい、

その感想を言ってもらえることは、大きな喜びだったのではないでしょうか

後日、お子様が作品を持ち帰りますので、また一つひとつゆっくりご覧になって下さい